外部装飾

芝生手入れの方法

芝生の手入れ方法

家の庭に芝生がきれいに生えていると小さい子供を遊ばせることができますし、一戸建ての家であれば裕福な家にも見られます。しかし芝生は手入れが非常に重要で、手入れを怠ると雑草が伸びたり芝がはげたりしてしまいます。手入れの方法にはポイントがいくつかあり、芝刈り・水やり・除草・肥料の4つになります。このうち芝刈りは定期的に行う必要があります。芝が長く伸びすぎると汚らしくみえるのもありますが、芝の根元に日光があたらず地面もジメジメして芝の健康状態に影響を与えます。なので伸びきる前に細目にカットしてやるのがポイントです。健康な芝生だと養分がそちらにいくため雑草は生えてきません。雑草が生えてきたら芝が元気がなくなってきている信号となります。

水やりと除草、肥料

芝生の水やりも大切です。季節により水をやる回数を変える必要がありますが、特に夏場は回数を多くする必要があります。また除草としては雑草を抜くことが一般的です。雑草を生えてこないようにする方法として除草剤を使用することがあります。これは人体への影響や芝生自体への影響が考えられるためあまりお勧めではありません。肥料を与えることも重要で年数が経ってくると芝が地面より十分に養分を吸収できなくなり弱ってきます。そうならないために肥料を与える必要があり、頻度としては数年に1度でも良いですが、芝の状態をみて回数を決めます。日当たりの悪いところでは肥料を与える回数を増やすといったことも考慮しましょう。また手入れでカットした芝は取りきりましょう。