外部装飾

変わる育ち具合

剪定等について

 ハイビスカスとはアオイ目アオイ科の植物で、特に日本では南国をイメージさせる植物として定着しています。一言にハイビスカスと言っても種類は多く、花の美しさを楽しむタイプや、お茶にする事を目的としているタイプ等があります。  ハイビスカスは温かい地域に多く生育している植物なので、冬になると雪が降るような地域で屋外で栽培するのは難しいです。それでも栽培を希望する場合には、冬場は屋内に避難させる等の対処を行なう事で、育てる事が可能な場合もあります。ただ、ハイビスカスは夏場に大きく成長するので、屋内に入れるためには剪定を行なうのが大切なポイントになります。  剪定を行なうのは4月か10月が良いと言われていて、それ以外の時期に剪定を行なうと花が咲かなくなる可能性があります。具体的な剪定方法としては、細い枝を切り落として、葉を少し残す事を心掛けた剪定が良いとされています。

 ハイビスカスは若い女性を中心として非常に人気が高く、花のイラストを使った小物を持っている人も少なくないです。これほどまでにハイビスカスが人気となっている理由の一つとして、咲かせる花の美しさがあると考えられます。ハイビスカスの花は一つ一つが大きく、形にも豪華さがあり、しかも色合いも赤色や白色等と華やかなのが特徴です。こうゆうデザインの花は、普段の生活の中で目にする機会が少ないので、その新鮮な美しさに心を奪われる事も少なくないです。  それ以外にも、この花が持つイメージがそのまま、南国のイメージに繋がるので好感を持っている場合もあります。南国というと、明るくて元気なイメージ持つ人が多く、そのイメージをハイビスカスからも感じるのだと考えられます。